Nina: automata description language


Top - 使用法 - リファレンス - チュートリアル - サンプル:Conata - グラフィカルエディタ - ダウンロード - English

使用方法

トランスレータ

Ninaのソースコードを各種言語のソースに変換します。
現時点ではJava, C, C#, JavaScriptに対応しています。
言語の指定は定義部の#option targetLanguageにて指定します。

Ninaトランスレータは以下のように起動します。

$ java -jar <nina.jarのパス>/nina.jar [options] <nina-source-code>
以下のオプションが使用可能です。
-v, --verbose
処理中の詳細メッセージを出力します。
--statictics
状態の統計情報を表示します。

--trace
パースエラーがあったとき、パースのトレース情報を表示します。

--exception
パースエラーがあったとき、例外メッセージを表示します。

--xml
ソースを解析した結果のレポートをXML形式で出力します。

--help
ヘルプメッセージを表示します。


Yuichiro Moriguchi
yuichiro-moriguchi@nifty.com
SourceForge.JP